ダイエット食品のカロリーコントロール計算は無意味
 スリムにリバウンドしないでマイクロに痩せる方法とは


「ちょっと見ないうちに痩せたね。 スリムなその服もとっても良く似合うよ。」

 3ヶ月ぶりで海外出張から帰ってきた彼にそういわれた時、
ダイエットに成功した彼女は何年ぶりかで自信を取り戻し、
うれしさで満面の笑みをうかべて我を忘れて思わず彼に抱きついていました。
周りにたくさんの人達がいるにもかかわらず ・・・

 そういう彼女もこれまでいつも会うたびごとに「お前、最近また太ったぞ!」とばかりいわれ続けていたものです。
いえ、何も彼女が最近我慢してダイエットしていたわけではありません。

 それどころか、最近の方がむしろ食事を我慢してるわけではありませんでした。

 にもかかわらず彼女がダイエットに成功した理由がいったいどこにあったか
あなたは、知りたくはありませんか?

 以前の方が我慢に我慢を重ねてダイエット、でも失敗してリバウンド、新たなダイエット方法を試すものの、
何をやっても結果は同じ。

 そんなことの繰り返しに彼女はもううんざりしていたのです。
お金もこれまでそうしたダイエッ方法に一体全体どれだけ使ったかわかりません。

 でもあるダイエット方法を始めたその時からすぐに・・・   

 早とちりしないで下さい。 それはあなたが既に知ってる何処かのダイエット食品ではありません。

 世の中には様々なダイエット方法があります。 
毎年毎年新しいダイエット方法が話題を呼び、雑誌等で紹介され、何年かするといつの間にか忘れられていく。
 世の中はそんな事の繰り返しです。

 それは何を意味するかと言えば、

巷では効いてるダイエット方法がない、 ということを暗に証明している現象なのです。

いえ、もっと正確に言えば、「効いてるダイエット方法は一般には知られていない」ということです。

 もちろん彼女はそうした流行を追ったり、明らかに体に悪いダイエット方法を試していたわけではありませんでした。
体に必要な栄養は肉体を持って生きている以上、どう考えたって摂取する必要があります。

 問題は消費カロリー以上のカロリーを摂取していることだと分っていた彼女は、さっそく対策を立てました。
消費カロリーを増やすにしてもそれには限度がある。彼女にはそれがわかっていました。
 そうするとやるべき事はまず自分の運動量にあったように、必要以上のカロリーを取らない事でした。

 でも、栄養はそれなりに十分取らないと体が不健康になってしまう。 栄養も取らないで体が不健康になって食べ物を満足に食べられなくなれば、体はもっと弱って痩せるかもしれません。 でも、体を壊して痩せても意味はありません。

 栄養はそれなりに必要なだけ十分に取るようコントロールする必要がありました。

 つまり、そうして出した結論が、栄養はそれなりに取りながら、カロリーをあまり取らなくて済む食事でした。

 さっそくそういう食事がないものかと調べてみると、例えば、クッキーを食べるダイエット、というものがあがってきました。

 彼女はさっそくそうしたダイエット食品を試してみたのでした。

 理論上は、それで摂取カロリー消費カロリーを下回り、ダイエットできるはずでした。

 ところが・・・

ダイエット食品に共通する落とし穴を彼女はわかってはいませんでした。

 そう、どのダイエット方法でも、これまでの食事はこれまで通りで全く変えることができなかったのです。
そう、それらのダイエット食品を食べて、それで食欲が満たされるわけでは全くなかったのです。
それどころか、あまり食べたくない時でもこれまで通り食べてしまうものは食べてしまっていたのです。

 つまり、こうしたダイエット食品は、たとえ理論的には完璧なものだったとしても、その通り実行できなくて、それまでのように食べてしまっていては、意味がないものだったのです。 当たり前と言えば当たり前ですが、それをやろうと思ったときは、理論どおりにできるものだと勘違いしていたのでした。

 その結果、彼女はさらに3キロ太る結果になってしまいました。 

 そうしたダイエット方法は理論通りの事を実行するにはとっても強い意志の力が必要だったようです。
でももしあなたがそこまで意志力に強い自信があればそうしたダイエット食品も良いのかも知れません。

 そんな時彼女は何故かふと、誰だったら覚えてないけどある有名なスポーツ選手関係者がインタヴューか何かで語っていた事が頭をよぎりました。 あっ、これだ。 彼女は何かひらめいたのです。 

それはイメージトレーニング

 彼女はさっそく試しました。 痩せた自分の姿をイメージして・・・、
なんてことをしていたわけではありません。
そんな事で痩せるほど世の中甘くはありません。

彼女は分っていました。 あくまで摂取カロリーを押えることなんだと。
直接的にいくら痩せた姿をイメージしても、摂取カロリー消費カロリー以上だと確実に脂肪がつく。
それは自然の法則なのだ。 イメージトレーニングだって自然の法則には逆らえないはずだ。

 それを見抜いた彼女は直接痩せたイメージをする事ではなく、食事を減らすイメージ、
いや、もっと言うと、栄養は十分取れる少ない食事量で満足している自分自身を想像しました。
でも、そんなことをしても一向にやせる気配はありませんでした。

 どうしてでしょう? 疑問がふつふつと沸きあがってきました。
そう、まだ何かが間違っている。
彼女はいろいろ試行錯誤の上、ふとひらめきました。 一流選手と並の選手のどこが違うか。
それが分った時、彼女は一瞬にして正しいやり方を自分のものにしていました。

でも一見はた目には何も変わったところはなさそうに見えました。
そんな彼女を家族達は冷ややかな目でみてました。

でも、しばらくして本当にやせ始めた彼女の姿を目の当たりにしたとき・・・

 そう、・・・、3ヵ月後彼女は

「ちょっと見ないうちに痩せたね。スリムなその服もとっても良く似合うよ。」
と、長期海外出張から帰って3ヶ月ぶりに会った彼から言われていたのでした。


 申し遅れました。 私は米国の臨床催眠療法博士という博士号を持つ催眠療法の専門家です。 
 イメージトレーニングというのは実は言葉を変えた催眠療法の事なのです。
もちろん、それを自覚して行っている方はほとんどいないかもしれませんが、実際はそうなのです。 
催眠と言うと催眠ショーのように見世物という印象をもたれるため、誰もこの言葉は使わず、
イメージトレーニングという言葉に落ち着いているだけにしかすぎません。
催眠療法は1958年、米国医師会によって承認された療法で、カルトやミステリーではありません。
米国には私が取得したこの分野での博士号さえ存在するのが実際です。

今、彼女のひらめいたその方法の無料での公開は終了しました。

欠点として、少々の練習と努力は必要でした。
現在ではそうした努力も必要ないCDを用いた方法をお勧めしております。

 --> こちらからどうぞ

このCDを使うことで得られるあなたのメリットのほんの一部をご案内すると、

 ● 訓練は必要とせず、ダイエットできる変性意識状態に楽に入れる。
 ● 無理なくこれまでより少ない食事でお腹が満たされているあなた自身が実現できる。
 ● リバウンドしない。
 ● かかる費用はこれ一回のみなので、とても経済的にダイエットに成功できる。
 ● 辛い運動はする必要はない。
 ● ダイエット以外にも自分をコントロールしやすくなる。


★ CDの感想が寄せられています。

「初めまして。ダイエットCDを購入したKちゃんのママです。
ビックリ&嬉しくて報告メールを書いてます。
初めは実はあんまり信用してませんでした。(ごめんなさい!)
「CD聞いて痩せられるンなら苦労はせんわい!」と思ってました。でも、・・・・・・・」
続きを読む